大好きなルクルーゼをお陀仏に

by user
10月 08 2014 年

10年前に結婚した時に母親と友人から、それぞれルクルーゼのお鍋を頂いた。
母親からは真っ赤なオーバル(楕円形)、
友人からは真っ赤なココットロンド(まん丸形)で少々重いのが難点だが、とてもお気に入りだった。

それを先日、オーバルを焦がしてしまったのだ。火にかけて空焚きをしてしまっていて、気付いた時には底が焦げ焦げ。
ショックで自分自身を恨みながらも、それでもなんとかなるだろうと思っていた。
でも焦げた部分から亀裂が入りホーローが剥がれ出してきたのだ。

それでも諦めの悪い私は使い続けていたのだが、
とうとう旦那に「ねえ、これ体に悪いんじゃないの」と言われてしまい泣く泣く処分することになった。

本当にショックでガックリきていたら、見かねた母親が新しいのを買ってくれると言ってくれた!
10年ぶりのルクルーゼは、新色が沢山出ていて、相変わらず素敵な鍋ばかり。

次こそは焦がしたりせず大事に使おうと思う。お母さん、ありがとう!

コメントは受け付けていません。